メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト山田「今季1号」 韓国SKと練習試合

 ヤクルトは18日、韓国プロ野球のSKと練習試合を行い、昨年の本塁打王、山田が「今季1号」を放った。1点を追う三回、1死一塁で左腕投手の投じた内寄り直球をたたいた。「詰まっていたので微妙な感じ」(山田)ながら、打球は最後にひと伸びして左翼席へ飛び込んだ。「入るか入らないか、わからない当たりが入ったのは今年初めて」と自分でもいぶかる一発は、パワーがアップしている証し。真中監督は「尻の周りが大きく見えますよね」と感心していた。【浦添・神保忠弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    2. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 
    3. 叶姉妹 念願のコミケ初出展 グッズ完売後も名刺手渡しの“神対応”
    4. 島崎遥香 ファンへの塩対応を反省 宝塚トップスターのフォローに「泣きそう」
    5. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]