メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ヤクルト山田「今季1号」 韓国SKと練習試合

 ヤクルトは18日、韓国プロ野球のSKと練習試合を行い、昨年の本塁打王、山田が「今季1号」を放った。1点を追う三回、1死一塁で左腕投手の投じた内寄り直球をたたいた。「詰まっていたので微妙な感じ」(山田)ながら、打球は最後にひと伸びして左翼席へ飛び込んだ。「入るか入らないか、わからない当たりが入ったのは今年初めて」と自分でもいぶかる一発は、パワーがアップしている証し。真中監督は「尻の周りが大きく見えますよね」と感心していた。【浦添・神保忠弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    2. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」
    3. 五輪スケート 鮮やか最高のレース 高木菜マススタート金
    4. 質問なるほドリin平昌 マススタートってどんな種目?=回答・飯山太郎
    5. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]