メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
マイナス金利の衝撃

識者に聞く 地道な成長戦略継続を 池尾和人・慶応大経済学部教授

=内藤絵美撮影

 日銀が導入したマイナス金利は、金融機関に大きな影響を与えないようによく考えられた政策だとは思う。しかし、金融政策の大枠そのものが限界にきている状況では効果は限られている。黒田東彦総裁は「やれることはまだある」というが、「できる」ことと「効果がある」ことは違う。

 黒田総裁は2013年4月の異次元緩和の導入時に「戦力の逐次投入はしない」と言った。物価が上がるという期待に働きかけるためには、当初は強気の姿勢が必要だったのだが、今となっては効果があったとはいえない。戦略が間違っている以上、どんな戦術を繰り出しても、誤りを補うことはできない。

 黒田総裁は、金融機関がマイナス金利で損することを避けようと貸し出しを増やすと説明するが、金利全体が…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文892文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]