メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地銀・次の一手

フィンテックで連携も 大分銀行・姫野昌治頭取

 −−日銀のマイナス金利の影響はありますか?

 ◆市場金利が低下して、他行との差別化が図りにくい住宅ローンのような商品の金利も下がり、顧客の獲得競争が激しくなる。貸出金利水準は市場に応じて対応するが、銀行側のコストもかかるので、金利を下げることができる水準にも限界がある。

 −−今後、どう対応しますか?

 ◆地元大分で、地元銀行にしかできない高付加価値のある手厚いサービスの提供を強化する。例えば、経営を後継者に引き継ぐ事業承継の支援や、赤字解消手法の伝授、販路開拓などについて継続的な支援をしていく。

 人口減少が進む中、銀行が預金や貸出金の量を追いかける時代は終わった。量を求めると、県外に営業に出る…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです