メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地銀・次の一手

フィンテックで連携も 大分銀行・姫野昌治頭取

 −−日銀のマイナス金利の影響はありますか?

 ◆市場金利が低下して、他行との差別化が図りにくい住宅ローンのような商品の金利も下がり、顧客の獲得競争が激しくなる。貸出金利水準は市場に応じて対応するが、銀行側のコストもかかるので、金利を下げることができる水準にも限界がある。

 −−今後、どう対応しますか?

 ◆地元大分で、地元銀行にしかできない高付加価値のある手厚いサービスの提供を強化する。例えば、経営を後継者に引き継ぐ事業承継の支援や、赤字解消手法の伝授、販路開拓などについて継続的な支援をしていく。

 人口減少が進む中、銀行が預金や貸出金の量を追いかける時代は終わった。量を求めると、県外に営業に出る…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文962文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]