メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

トルコと電話協議 クルド防衛隊砲撃の中止要請

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は19日、トルコのエルドアン大統領と電話協議し、シリア内戦の早期停戦を実現するため、シリア北西部で活動し米国が支援するクルド人民防衛隊(YPG)への砲撃を中止するよう要請した。ホワイトハウスが発表した。

     米国による同趣旨の働きかけは、バイデン副大統領が13日にトルコのダウトオール首相に行ったばかり。停戦の実施期限は19日だったが、戦闘は各地で続いている。

     シリア北西部では、アサド政権軍がロシアの支援を受け反体制派への攻勢を強化。それに乗じてYPGが支配地域を広げている。トルコ政府はYPGを「テロ組織」と見なしており、自国内のクルド分離主義組織「クルド労働者党」(PKK)との連携を懸念して砲撃を続けてきた。

     オバマ氏は、YPGは今回の機会を捉えて支配地域の拡大を図るべきでないとの考えをエルドアン氏に強調したという。

     両首脳はロシアとアサド政権に対し、米国などが支援する穏健派反体制派に対する空爆を中止するよう呼びかけた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
    2. シェアハウス不正 スルガ銀、スター銀欺く 融資引き出す
    3. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    4. ORICON NEWS 『相棒』異例づくしの始動 水谷豊と4年目の反町&3人目の浅利「何が起きるか予測不能」
    5. 夏の高校野球 秋田ゆかりの著名人 金足農祝福 佐々木希「かっこよがった」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです