メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開城団地

韓国企業、操業中断で悲鳴 補償進まず

 【ソウル米村耕一】北朝鮮に対する制裁措置として操業が中断された開城(ケソン)工業団地に入居していた韓国企業が苦境に陥っている。2008年から子供服の生産をしてきた李炳哲(イ・ビョンチョル)社長(54)が毎日新聞のインタビューに応じ、「現時点で80万ドル(約9000万円)以上の損害だ」と厳しい表情で語った。

 工業団地への入居企業は124社。李さんの会社はそのうち数社と契約し、子供服の受託生産を行ってきた。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文688文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです