メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身元不明問題

「太郎さん」逝く 認知症対策を前進

「太郎さん」と呼ばれた男性は、家族と職員に本当の誕生会を開いてもらい笑顔をみせた=大阪市内の介護施設で2014年4月30日、銭場裕司撮影

 大阪市の路上で保護されたものの重い認知症のため、毎日新聞などの報道で身元が判明する2014年まで「太郎」という仮名で2年以上も暮らした男性が亡くなり、19日、自宅のある兵庫県内で葬儀が営まれた。本名は吉田軍次さん、75歳だった。病気がちのため最後まで自宅で暮らすことはできなかったが、その存在は行政や警察による認知症高齢者らの行方不明・身元不明者対策を進める大きなきっかけになった。【銭場裕司】

 吉田さんは岡山県出身で、塗装職人として長年、兵庫県内で働き、70歳のころに認知症を発症。12年3月…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  4. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  5. 幽霊消防団員 内部告発で活動禁止や嫌がらせの報復受けたケースも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです