メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身元不明問題

「太郎さん」逝く 認知症対策を前進

「太郎さん」と呼ばれた男性は、家族と職員に本当の誕生会を開いてもらい笑顔をみせた=大阪市内の介護施設で2014年4月30日、銭場裕司撮影

 大阪市の路上で保護されたものの重い認知症のため、毎日新聞などの報道で身元が判明する2014年まで「太郎」という仮名で2年以上も暮らした男性が亡くなり、19日、自宅のある兵庫県内で葬儀が営まれた。本名は吉田軍次さん、75歳だった。病気がちのため最後まで自宅で暮らすことはできなかったが、その存在は行政や警察による認知症高齢者らの行方不明・身元不明者対策を進める大きなきっかけになった。【銭場裕司】

 吉田さんは岡山県出身で、塗装職人として長年、兵庫県内で働き、70歳のころに認知症を発症。12年3月…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです