メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

噴石対策

御嶽山の小屋をシェルター化 岐阜・下呂

 2014年9月の御嶽山噴火を受け、岐阜県下呂市は、火山の噴石から身を守るため、御嶽山9合目の「五の池小屋」の改修工事を実施する。2016年度当初予算案に約1300万円計上し、防弾チョッキに使われる「アラミド繊維」で屋根を補強する。

     市が運営する五の池小屋(標高2800メートル)は木造一部2階建て、収容人数は最大100人。火口から2.5キロ離れている。鋼板が張られているだけの現在の屋根に、高い強度を持つアラミド繊維の織物を二重に敷き補強する。小屋が営業する6月1日から閉鎖される10月15日までに工事を実施する予定。【宮田正和】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. デジタルアート 異次元の世界を散策 お台場に専門美術館
    3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    4. つくば市 ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入
    5. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]