メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山の小屋をシェルター化 岐阜・下呂

 2014年9月の御嶽山噴火を受け、岐阜県下呂市は、火山の噴石から身を守るため、御嶽山9合目の「五の池小屋」の改修工事を実施する。2016年度当初予算案に約1300万円計上し、防弾チョッキに使われる「アラミド繊維」で屋根を補強する。

     市が運営する五の池小屋(標高2800メートル)は木造一部2階建て、収容人数は最大100人。火口から2.5キロ離れている。鋼板が張られているだけの現在の屋根に、高い強度を持つアラミド繊維の織物を二重に敷き補強する。小屋が営業する6月1日から閉鎖される10月15日までに工事を実施する予定。【宮田正和】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    2. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    3. 傷害致死 容疑で15歳逮捕 31歳知人蹴り死なす 大阪・柏原
    4. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
    5. 小池都知事 豊洲市場移転延期を正式発表「三つ疑問ある」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]