メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・豊田市が条例提案へ

 愛知県豊田市は19日、「ごみ屋敷」などに対応する条例をまとめ、26日開会の市議会に提案すると発表した。4月施行の予定で、個人の住宅内のごみについて、本人の同意がなくても立ち入りや、敷地内のごみを撤去できるようにする。

     改善を指導し、従わない場合は名前を公表したり、過料(5万円以下)を科したりすることもある。また、弁護士らで組織する審議会を経て、行政代執行ができるようになる。また、火災の可能性が高い場合や、ごみの山が崩れかかっている時には緊急安全措置として、ごみの移動、撤去ができる。

     同市保見ケ丘で昨年8月、ごみ屋敷から出火、隣接住宅を含め計2棟が全焼し、市が対応策を検討してきた。【中島幸男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
    2. 都議会総務委 舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道
    3. 交通事故 テントさん、はねられ死亡…吉本お笑いタレント
    4. 男性重体 胸から血、病院に搬送…京都の路上
    5. 小泉今日子 亡き父との思い出語る 「本当にウマが合った」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]