メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ごみ屋敷対策

愛知・豊田市が条例提案へ

 愛知県豊田市は19日、「ごみ屋敷」などに対応する条例をまとめ、26日開会の市議会に提案すると発表した。4月施行の予定で、個人の住宅内のごみについて、本人の同意がなくても立ち入りや、敷地内のごみを撤去できるようにする。

     改善を指導し、従わない場合は名前を公表したり、過料(5万円以下)を科したりすることもある。また、弁護士らで組織する審議会を経て、行政代執行ができるようになる。また、火災の可能性が高い場合や、ごみの山が崩れかかっている時には緊急安全措置として、ごみの移動、撤去ができる。

     同市保見ケ丘で昨年8月、ごみ屋敷から出火、隣接住宅を含め計2棟が全焼し、市が対応策を検討してきた。【中島幸男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
    2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]