メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

端午の節句へ生産ピーク 岡山・和気

 端午の節句に向け、岡山県和気(わけ)町の「徳永こいのぼり」でこいのぼりの生産が最盛期を迎えた。従業員約20人が色とりどりに染め上げられたポリエステル製の生地を裁断し、縫製する作業に追われている。

     年間約300万匹のこいのぼりを生産する国内最大手のメーカー。12センチの玩具用から1〜2メートルのベランダ用、本格的な約10メートルサイズまで約120種類を製造している。

     今年は住宅事情などに合わせて室内の壁などに張って飾れるこいのぼりの新製品も発売。徳永夕子社長(42)は「端午の節句にはこいのぼりを飾って、家族が笑顔になってくれればと思います」。生産のピークは3月中旬まで続く。【小関勉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉・注射器男か すれ違いざま太ももに注射針?女性けが
    2. 毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン 「ヤクザ冬の時代」の山口組分裂
    3. ミス美しい20代コンテスト グランプリは大分県出身・是永瞳さん 空手二段のスポーツウーマン
    4. 大阪万博 2025年誘致へ 政府、五輪後の景気浮揚策
    5. 山口組分裂1年 元組長「代紋も足かせ メシ食えぬ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]