メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

端午の節句へ生産ピーク 岡山・和気

 端午の節句に向け、岡山県和気(わけ)町の「徳永こいのぼり」でこいのぼりの生産が最盛期を迎えた。従業員約20人が色とりどりに染め上げられたポリエステル製の生地を裁断し、縫製する作業に追われている。

     年間約300万匹のこいのぼりを生産する国内最大手のメーカー。12センチの玩具用から1〜2メートルのベランダ用、本格的な約10メートルサイズまで約120種類を製造している。

     今年は住宅事情などに合わせて室内の壁などに張って飾れるこいのぼりの新製品も発売。徳永夕子社長(42)は「端午の節句にはこいのぼりを飾って、家族が笑顔になってくれればと思います」。生産のピークは3月中旬まで続く。【小関勉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
    2. 埼玉河川敷遺体 逮捕少年に「パズル」 そのグループとは
    3. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    4. 高畑裕太容疑者 24時間テレビだけで損害金1000万円超
    5. ドラマ 障害者親子のすれ違う思い描く NHKEテレ「バリバラ」が2作目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]