メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

四半世紀、牧師の取り組み(その1) 路上の人に「ホーム」を

奥田知志さんの教会内には引き取り手のないホームレスらの遺骨を安置する記念室がある。床下のつぼから骨つぼを取り出す奥田さん=北九州市八幡東区で、山下恭二撮影

 氷雨が降る1月末の金曜夜。95万都市、北九州市のJR小倉駅周辺は人通りが減り、繁華街の熱気も冷め始めていた。ホームレスの支援に取り組むNPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長で、牧師の奥田知志(ともし)さん(52)は巡回を始めた。毎週金曜の夜、NPOのスタッフやボランティアと炊き出しをした後、街中を巡る。人のいなくなった商店街や川べりのホームレスに弁当を配りながら支援の足がかりを作る。

 駅の通路で、サンダル履きにすすけたズボン、荷物を抱えた初老の男性とすれ違った。初めて見る顔。奥田さ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]