メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

四半世紀、牧師の取り組み(その1) 路上の人に「ホーム」を

奥田知志さんの教会内には引き取り手のないホームレスらの遺骨を安置する記念室がある。床下のつぼから骨つぼを取り出す奥田さん=北九州市八幡東区で、山下恭二撮影

 氷雨が降る1月末の金曜夜。95万都市、北九州市のJR小倉駅周辺は人通りが減り、繁華街の熱気も冷め始めていた。ホームレスの支援に取り組むNPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長で、牧師の奥田知志(ともし)さん(52)は巡回を始めた。毎週金曜の夜、NPOのスタッフやボランティアと炊き出しをした後、街中を巡る。人のいなくなった商店街や川べりのホームレスに弁当を配りながら支援の足がかりを作る。

 駅の通路で、サンダル履きにすすけたズボン、荷物を抱えた初老の男性とすれ違った。初めて見る顔。奥田さ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです