メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年度30万人突破 愛知・竹島水族館にぎわう

カピバラのぬいぐるみを贈られ喜ぶ来館30万人目の山本さん親子=愛知県蒲郡市の竹島水族館で2016年2月20日、吉富裕倫撮影

 愛知県蒲郡市の竹島水族館は20日、昨年4月からの入館者が30万人に達した。水族館ブームだった1991年度、29万7383人が入館した記録があるが、24年ぶりに塗り替えた。

     小林龍二館長(35)は「5年前から、お客さんの視点で展示を工夫した成果が表れた」と話す。触れる深海魚コーナーなどは、土日は「見られない」と苦情が出るほどにぎわっているという。

     30万人目は、今年度10回目の来館という同市形原町の山本里美さん(36)と次男晃平君(6)親子。記念に水族館の人気者、カピバラの大きなぬいぐるみを贈られ大喜びだった。【吉富裕倫】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    2. 相模原殺傷 「希望捨てずに」訴え 重度知的障害の青年
    3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    4. 物は語る 女児のワンピース 広島原爆資料館未展示資料
    5. リオ五輪 セーリングの水質心配 「巨大なトイレ」指摘も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]