メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

靴店大阪・天満で40年 本当に閉店

本当に閉店する靴店「シューズ・オットー」の前で最後のあいさつをする店主の竹部浅夫さん(右端)=大阪市北区で2016年2月20日午後3時26分、小関勉撮影
閉店した靴店「シューズ・オットー」=大阪市北区で2016年2月20日午後3時47分、小関勉撮影

 「もうあかん やめます!」などのユニークなキャッチコピーで人気を集めた大阪市北区西天満6の靴店「シューズ・オットー」が20日、約40年の歴史に幕を閉じた。閉店セレモニーには多くのファンや報道陣らが詰めかけ、店主の竹部浅夫さん(74)は「ほんまにありがとう」と涙を流した。

 1977年開店。バブル崩壊後、売り上げが減って竹部さんの口ぐせになっていた「もうあかん」を垂れ幕にして掲げると、奇抜さが口コミで広まった。その後も、身長を高く見せる靴のPRに掲げた「格差社会を是正せよ。身長の格差は当店で」などの垂れ幕で注目を集めた。

 竹部さんの体調不良もあって閉店を決めた。セレモニーに臨んだ竹部さんは「僕みたいな男がこんなことをしてもらえたらバチがあたる」と感無量の様子。ファンから花束が贈られた。「本当にやめるのか」との問いに「もううそはつけません」と笑顔で話した。【畠山哲郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長野小1女児 小谷村内の川に意識不明の子供 不明女児か
  2. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
  3. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
  4. 自殺 始業式翌日に何が 青森で相次いだ中学生の悲劇
  5. 長野女児不明 29日も引き続き捜索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]