メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マガン

北海道・むかわで休息 ピーク時には6万羽

水田から一斉に羽ばたき始める国の天然記念物のマガン=北海道むかわ町で2016年2月20日、福島英博撮影

 日本各地で越冬していた国の天然記念物マガンが、北海道むかわ町田浦の水田に集まり、シベリアへの「北帰行」に向けて羽を休めている。

     雪が少なく、稲作が盛んな同町はマガンの中継地。「日本雁を保護する会」会員の谷岡隆さん(67)=新ひだか町中野町=によると、昨年と同じ今月18日に370羽が初飛来し、翌日には一気に2300羽に増えた。ピーク時には約6万羽になるという。【福島英博】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]