メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道・むかわで休息 ピーク時には6万羽

水田から一斉に羽ばたき始める国の天然記念物のマガン=北海道むかわ町で2016年2月20日、福島英博撮影

 日本各地で越冬していた国の天然記念物マガンが、北海道むかわ町田浦の水田に集まり、シベリアへの「北帰行」に向けて羽を休めている。

     雪が少なく、稲作が盛んな同町はマガンの中継地。「日本雁を保護する会」会員の谷岡隆さん(67)=新ひだか町中野町=によると、昨年と同じ今月18日に370羽が初飛来し、翌日には一気に2300羽に増えた。ピーク時には約6万羽になるという。【福島英博】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アパホテル 中国で批判 全客室に南京大虐殺否定本
    2. 宮内庁 にじむ警戒感 元日即位浮上「寝耳に水」
    3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
    4. 永住権取得 在留期間、最短1年に 法務省、年度内実施へ
    5. 英首相 EU単一市場離脱を表明 各国と貿易協定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]