メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院10減、今国会で…公選法改正に意欲

 安倍晋三首相は20日のニッポン放送のラジオ番組で、衆院選挙制度改革に伴う公職選挙法など関連法の改正案について「今国会で成立させたい」と述べた。一方、改革を実施した上での衆参同日選は「考えていない」と改めて否定した。また、憲法改正に関連し、「憲法9条において自衛隊の記述がないのはおかしい。しっかりと明記しておくべきだ」と指摘した。

     首相は「区割り変更で2倍以下に抑えないといけない。その時に10減を行う。小選挙区は6減する」と述べ、衆院議長の諮問機関が答申した「アダムズ方式」による抜本見直しに消極的な意向を示唆。「まずは簡易国勢調査の結果に対応し、選挙区の区割りを変更してその状況をなくしていく」とも語り、今国会成立の意欲を表明。「そのためには野党の協力も必要だ」と述べた。

     憲法改正を巡っては、改憲発議に衆参両院で3分の2以上の賛成が必要なことに対して、ハードルが「高すぎる」との認識で橋下徹前大阪市長と「合意した」と明かした。「おおさか維新の会」についても「憲法改正にしっかり挑んでいく姿勢はシンパシー(共感)を感じ得る」と述べた。

     任期中の9条改正の可能性については「自民党の結党以来の悲願だから、あきらめずに挑んでいきたい」と述べた。

     また、民主党について「だんだん共産党と似てきた」と指摘。聴取者からの質問で「もし民主党の政治家だったら、どんな政策で支持率を上げるか」と問われ、「(私なら)政治家を辞めるという選択肢もある」などと批判した。【細川貴代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
    2. それいけ!アンパンマン 記念日制定後、初イベントを開催 10・3から汐留で
    3. 維新・馬場氏 「ちょっと異常」首相演説に自民起立拍手に
    4. 復興支援ビール 「一番搾り熊本づくり」1本当たり10円
    5. 古谷一行 47年ぶり朝ドラ「楽しみ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]