メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震情報

[発表時刻] 2016年12月10日 13時47分 気象庁発表

2016年12月10日13時45分ごろ地震がありました。

[震源地] 青森県三八上北など [最大震度] 3 今後の情報に警戒してください。詳細

衆院10減、今国会で…公選法改正に意欲

 安倍晋三首相は20日のニッポン放送のラジオ番組で、衆院選挙制度改革に伴う公職選挙法など関連法の改正案について「今国会で成立させたい」と述べた。一方、改革を実施した上での衆参同日選は「考えていない」と改めて否定した。また、憲法改正に関連し、「憲法9条において自衛隊の記述がないのはおかしい。しっかりと明記しておくべきだ」と指摘した。

     首相は「区割り変更で2倍以下に抑えないといけない。その時に10減を行う。小選挙区は6減する」と述べ、衆院議長の諮問機関が答申した「アダムズ方式」による抜本見直しに消極的な意向を示唆。「まずは簡易国勢調査の結果に対応し、選挙区の区割りを変更してその状況をなくしていく」とも語り、今国会成立の意欲を表明。「そのためには野党の協力も必要だ」と述べた。

     憲法改正を巡っては、改憲発議に衆参両院で3分の2以上の賛成が必要なことに対して、ハードルが「高すぎる」との認識で橋下徹前大阪市長と「合意した」と明かした。「おおさか維新の会」についても「憲法改正にしっかり挑んでいく姿勢はシンパシー(共感)を感じ得る」と述べた。

     任期中の9条改正の可能性については「自民党の結党以来の悲願だから、あきらめずに挑んでいきたい」と述べた。

     また、民主党について「だんだん共産党と似てきた」と指摘。聴取者からの質問で「もし民主党の政治家だったら、どんな政策で支持率を上げるか」と問われ、「(私なら)政治家を辞めるという選択肢もある」などと批判した。【細川貴代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え
    2. 米駐日大使 バレンタイン氏浮上 元ロッテ監督
    3. 成宮寛貴さん引退 「友人に裏切られた」コメント全文
    4. USJ 敷地内でバスから出火、乗客ら27人無事…大阪
    5. リボ払い 知らぬ間に…カード契約、小さな規約文字

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]