メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

司馬遼太郎さんしのぶ…東京で開催

司馬遼太郎没後20年のシンポジウム=東京都千代田区で2016年2月20日、小出洋平撮影

 作家、司馬遼太郎さんをしのぶ第20回菜の花忌シンポジウム(司馬遼太郎記念財団主催)が20日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた。

     まず司馬遼太郎賞の贈呈式があり、「狗賓(ぐひん)童子の島」(小学館)の作家、飯嶋和一さんに懐中時計と、副賞100万円が贈られた。

     没後20年にあたる今年のシンポジウムのテーマは「司馬作品を語りあおう−−今の時代を見すえて」。作家の辻原登さん、片山杜秀・慶応大教授、磯田道史・静岡文化芸術大教授、俳優の東出昌大さんが論じ合った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
    2. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    3. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    4. 住居侵入 福山雅治さん方に 容疑のコンシェルジュを逮捕
    5. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]