メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

司馬遼太郎さんしのぶ…東京で開催

司馬遼太郎没後20年のシンポジウム=東京都千代田区で2016年2月20日、小出洋平撮影

 作家、司馬遼太郎さんをしのぶ第20回菜の花忌シンポジウム(司馬遼太郎記念財団主催)が20日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた。

     まず司馬遼太郎賞の贈呈式があり、「狗賓(ぐひん)童子の島」(小学館)の作家、飯嶋和一さんに懐中時計と、副賞100万円が贈られた。

     没後20年にあたる今年のシンポジウムのテーマは「司馬作品を語りあおう−−今の時代を見すえて」。作家の辻原登さん、片山杜秀・慶応大教授、磯田道史・静岡文化芸術大教授、俳優の東出昌大さんが論じ合った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    2. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    3. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
    4. 相模原監禁 「髪の毛を触る目的」 横浜地裁で初公判
    5. 小池都知事 豊洲市場移転延期を正式発表「三つ疑問ある」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]