メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川啄木

生誕130年「かるた大会」…岩手・渋民で

短歌が読み上げられると、子どもたちが勢いよく札をたたく音が館内に響いた=盛岡市玉山区の渋民文化会館で2016年2月20日、二村祐士朗撮影

 明治期の歌人、石川啄木(1886〜1912年)の生誕130年にあたる20日、出生地の盛岡市玉山区の渋民文化会館で、啄木の短歌を用いた「かるた大会」が開かれた。

     歌集「一握の砂」や「悲しき玩具」から選ばれた作品で、小学生ら86チーム256人が参加。「岩手山秋はふもとの三方の」と上の句が読み上げられると、下の句が書かれた札に勢いよく手を伸ばした。

     啄木は大のかるた好きで、日記に「地元にかるた文化を広めたのは自分。腕前も一番」と記したほど。主催した石川啄木記念館の森義真館長は「うれしくて天国の啄木も遊びにきていたかも」。【二村祐士朗】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]