メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨の中、男たちが激しいもみ合い…愛知・稲沢

激しい雨の中、神男に触れようと激しくもみ合う裸男たち=愛知県稲沢市の国府宮神社で2016年2月20日午後5時42分、木葉健二撮影

 1200年以上の歴史がある国府宮神社(愛知県稲沢市)の奇祭「はだか祭」が20日あり、下帯姿の男たちが激しくもみ合った。

     767年に始まったと伝わる旧暦1月13日の神事。神男(しんおとこ)に触れると厄が落ちるとされる。

     午後5時過ぎ、今年の神男の池谷悟さん(44)=名古屋市中区=が境内に現れ、裸男の集団の中に飛び込むと歓声が湧き上がった。男たちは「ワッショイ、ワッショイ」と掛け声を上げ、神男を目がけて殺到した。

     今年は6年ぶりの雨で、参拝客は昨年の半分以下の約8万人(同神社調べ)だった。【河部修志】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. SUNDAY LIBRARY 著者インタビュー 大崎善生 『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』
    2. 行方不明 新潟・長岡の中3男子 20日早朝から帰宅せず
    3. デンマーク 潜水艦内密室殺人か 女性記者の遺体発見
    4. 傷害 タオル首に巻き付け女子高生引き倒す 札幌で2件
    5. 保育園 合意得られず開園延期 住民が反対 東京・吉祥寺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]