メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨の中、男たちが激しいもみ合い…愛知・稲沢

激しい雨の中、神男に触れようと激しくもみ合う裸男たち=愛知県稲沢市の国府宮神社で2016年2月20日午後5時42分、木葉健二撮影

 1200年以上の歴史がある国府宮神社(愛知県稲沢市)の奇祭「はだか祭」が20日あり、下帯姿の男たちが激しくもみ合った。

     767年に始まったと伝わる旧暦1月13日の神事。神男(しんおとこ)に触れると厄が落ちるとされる。

     午後5時過ぎ、今年の神男の池谷悟さん(44)=名古屋市中区=が境内に現れ、裸男の集団の中に飛び込むと歓声が湧き上がった。男たちは「ワッショイ、ワッショイ」と掛け声を上げ、神男を目がけて殺到した。

     今年は6年ぶりの雨で、参拝客は昨年の半分以下の約8万人(同神社調べ)だった。【河部修志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. AV強要 「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る
    2. 上野樹里 トライセラ和田唱と結婚 和田誠・平野レミ夫妻の長男 同居はこれから
    3. 御柱祭 氏子転落死 弁護士が宮司への告発状提出
    4. ソフトバンク アローラ副社長に役員報酬80億円
    5. 御柱祭死亡事故 落下直後ロープ接触 体の向き変わり頭から /長野

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]