メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道東で暴風雪の恐れ…気象台、警戒呼びかけ

 発達中の低気圧が北海道付近に近づいている影響で、根室や釧路、帯広など道内の太平洋側東部は21日未明から朝にかけて、暴風雪と大雪の恐れがあり、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。

     同気象台などによると、21日午後6時までの24時間降雪量は帯広市など十勝中部、羅臼町など根室北部などが最大50センチなどと予想され、太平洋側東部の最大瞬間風速は陸上で30メートル、海上で35メートルを予想している。

     同気象台は猛吹雪や吹きだまり、交通障害のほか、高潮による浸水にも注意するよう呼び掛けている。【高野玲央奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風10号 岩手の高齢者施設で9人死亡
    2. 選挙 知事選 泉田知事4選出馬撤回 「批判的報道」理由に 「突然」に驚きと困惑 /新潟
    3. 新潟国際海運フェリー購入問題 知事「おわびする」 県議会建設公安委で自らの処分言及 /新潟
    4. 台風10号 「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉
    5. 受動喫煙 リスク「確実」 肺がん発症1.3倍

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]