メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道東で暴風雪の恐れ…気象台、警戒呼びかけ

 発達中の低気圧が北海道付近に近づいている影響で、根室や釧路、帯広など道内の太平洋側東部は21日未明から朝にかけて、暴風雪と大雪の恐れがあり、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。

     同気象台などによると、21日午後6時までの24時間降雪量は帯広市など十勝中部、羅臼町など根室北部などが最大50センチなどと予想され、太平洋側東部の最大瞬間風速は陸上で30メートル、海上で35メートルを予想している。

     同気象台は猛吹雪や吹きだまり、交通障害のほか、高潮による浸水にも注意するよう呼び掛けている。【高野玲央奈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 刃物男 障害者施設で19人心肺停止 相模原
    2. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男
    3. ポケモンGO 任天堂株ストップ安…過度な期待消え
    4. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    5. 自民党 谷垣幹事長の交代論 幹部「早期復帰は困難」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]