メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道東で暴風雪の恐れ…気象台、警戒呼びかけ

 発達中の低気圧が北海道付近に近づいている影響で、根室や釧路、帯広など道内の太平洋側東部は21日未明から朝にかけて、暴風雪と大雪の恐れがあり、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。

     同気象台などによると、21日午後6時までの24時間降雪量は帯広市など十勝中部、羅臼町など根室北部などが最大50センチなどと予想され、太平洋側東部の最大瞬間風速は陸上で30メートル、海上で35メートルを予想している。

     同気象台は猛吹雪や吹きだまり、交通障害のほか、高潮による浸水にも注意するよう呼び掛けている。【高野玲央奈】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. デジタル もうモバイルバッテリーは不要! 最新の「充電器&バッテリー入りiPhoneケース」がスゴすぎる(GetNavi web)
    2. トランプ大統領 止まらぬデモ、首都厳戒
    3. USA駅 ここは米国!?…1日限定「宇佐アメリカン駅」
    4. 大相撲初場所 悲願の初優勝…稀勢の里、亡き師匠にささげ
    5. 大相撲初場所 稀勢の里が初優勝…白鵬、貴ノ岩に敗れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]