メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分布、10年間で最小…気温・水温高く、溶ける

オホーツク海で確認された流氷=枝幸港の東北東約77キロの海上で2016年1月18日午前9時8分、紋別海上保安部提供

 今年のオホーツク海の流氷の分布範囲や密集具合が過去10年間で最小だったことが、第1管区海上保安本部(北海道小樽市)の調査で分かった。【安達恒太郎】

流氷の分布図

 同海保は「例年に比べ、周辺の気温や水温が高く、流氷が溶けている」と分析している。札幌管区気象台によると、網走市には流氷が接岸しておらず、このまま接岸しなければ、観測史上で1989年以来27年ぶり2回目。

 海難事故防止のため、同海保は毎年、宗谷岬〜網走沖のオホーツク海の流氷観測を実施。今年は6〜10日の計5日間、「巡視船そうや」(3100トン)で調査した。この結果、枝幸沖約60キロ付近で直径20メートル以上、厚さ約50センチの流氷を確認したが、そのほかの海域では、直径20メートル以下の小さい流氷しかなかった。

 日本海から流入する暖流の影響で、宗谷岬〜雄武沿岸では水温が0〜3度となり、周辺より高くなっているという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 正男氏殺害 「日本の番組」偽装か…逮捕の女、家族に話す
  2. 地震 千葉と茨城で震度4 津波の心配なし
  3. 自民有志議員 子多いほど税軽減…「世帯方式」検討へ
  4. 北九州マラソン 1万823人完走 塚本さんと今田さんV
  5. 貸家着工 首都圏でバブル? 新築増えて空室率上昇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]