メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「伝える活動続ける」…七十七銀遺族ら

敗訴が確定し、会見でこれまでの日々を振り返る原告の田村孝行さん(左)=仙台市青葉区で2016年2月20日午後1時5分、佐々木順一撮影

 東日本大震災の津波で犠牲になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の従業員の一部遺族が20日、銀行に損害賠償を求めてきた訴訟の敗訴決定を受け、仙台市内で記者会見した。長男健太さん(当時25歳)を亡くした田村孝行さん(55)は「次に同じことが起きないよう、企業や学校の防災に生かしてほしいという思いで裁判を続けてきた。(敗訴は)新たなスタート。反省と教訓を伝える活動を続ける」と語った。

     遺族側は、銀行が支店徒歩3分半の高台ではなく、高さ約10メートルの屋上を避難先に選んだことなどを安全配慮義務違反に当たると主張してきた。1、2審とも遺族らの訴えを棄却、最高裁も今月17日に上告を退けた。

     会見で孝行さんは、大規模事故を起こした後に遺族との対話や社員教育を続ける日本航空やJR西日本の例を挙げ「企業の管理下で(七十七銀行女川支店の)12人が犠牲になったのは事実。新しい行員に反省、教訓をしっかりと伝えてほしい」と要望した。

     七十七銀行訴訟など五つの津波関連訴訟の原告らは3月5日に「東日本大震災から学ぶべきもの」と題したフォーラムを仙台市内で開く。田村さんの会見を傍聴していた同県石巻市の日和幼稚園訴訟(和解成立)元原告、西城靖之(やすし)さん(47)は「自分たちの事例から、一つでも教訓をくみ取ってほしい」と理解を示していた。【伊藤直孝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 盗撮容疑 被害者は妻 仮面ライダー俳優が捕まえる 京都
    2. 伊達直人 私の名は河村正剛、43歳…「普通の人」
    3. 高松の小学校 児童のノート「悪い例」 掲示の教諭注意
    4. 隣の貧困 /1 憧れは「普通」の食卓
    5. ユーチューブ PPAP年間世界2位 日本人歌手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]