メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桃井かおりさん出演の独作品が受賞

 【ベルリン勝田友巳】第66回ベルリン国際映画祭で、東日本大震災後の福島で撮影されたドイツ映画「フクシマ、モナムール」(ドリス・ドリイ監督)が20日、CICAE(国際アートシアター連盟)賞を受賞した。同賞は芸術性の高い映画の公開を後押しする目的で、映画館の団体が選ぶ。幅広い分野の作品を集めた「パノラマ」部門に出品されており、同部門の観客賞でも2位に選ばれた。主演は、桃井かおりさん。仮設住宅から、津波被害に遭った自宅に戻って生活しようとする芸者と、ボランティアで訪れたドイツ人女性の交流を描く。福島・南相馬で、地元の住民らが出演して撮影された。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
    2. JR車両解体 「ごめんね」と謝りながら切断 女性初、小田商会・金子さん /福岡
    3. 事故 病院にタクシー突入…3人死亡、7人負傷 福岡
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]