メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

俳句と哲学の知見=酒井佐忠

 今年の俳人協会賞は、柏原眠雨の句集『夕雲雀』(角川書店)に決まった。柏原は、1935年生まれ、俳誌「きたごち」主宰の大ベテランである。沢木欣一に師事し、「俳句はモノに即し、即物具象の象徴詩である」という一貫した考えで句作をつづける。その一方で、哲学者としても知られ、東北大名誉教授である。現在は仙台市在住。モノを見る深い知見にもとづいた俳句表現が、地味ながらいぶし銀のような俳句の輝きを与えてくれる。

 <町ひとつ津波に失せて白日傘><町失せて星の増えゆく年の暮><津波禍の浜辺に獅子の舞激し>。ここで…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文569文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]