メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

俳句と哲学の知見=酒井佐忠

 今年の俳人協会賞は、柏原眠雨の句集『夕雲雀』(角川書店)に決まった。柏原は、1935年生まれ、俳誌「きたごち」主宰の大ベテランである。沢木欣一に師事し、「俳句はモノに即し、即物具象の象徴詩である」という一貫した考えで句作をつづける。その一方で、哲学者としても知られ、東北大名誉教授である。現在は仙台市在住。モノを見る深い知見にもとづいた俳句表現が、地味ながらいぶし銀のような俳句の輝きを与えてくれる。

 <町ひとつ津波に失せて白日傘><町失せて星の増えゆく年の暮><津波禍の浜辺に獅子の舞激し>。ここで…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」
  2. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗
  3. プリキュア 横浜に歴代55人が初集結で1万人のファン歓喜! 本名陽子「ぶっちゃけ、ありえな~い!!」」
  4. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです