メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

俳句と哲学の知見=酒井佐忠

 今年の俳人協会賞は、柏原眠雨の句集『夕雲雀』(角川書店)に決まった。柏原は、1935年生まれ、俳誌「きたごち」主宰の大ベテランである。沢木欣一に師事し、「俳句はモノに即し、即物具象の象徴詩である」という一貫した考えで句作をつづける。その一方で、哲学者としても知られ、東北大名誉教授である。現在は仙台市在住。モノを見る深い知見にもとづいた俳句表現が、地味ながらいぶし銀のような俳句の輝きを与えてくれる。

 <町ひとつ津波に失せて白日傘><町失せて星の増えゆく年の暮><津波禍の浜辺に獅子の舞激し>。ここで…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです