メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たのもー!フェミ女道場

/11 越堂静子さん 国連に日本の実態訴える意義は?

「ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク(WWN)」の越堂静子代表=大阪市内で、反橋希美撮影

「男女格差」世界中が審判員

 国連の女性差別撤廃委員会(CEDAW、*)が今月中旬、スイス・ジュネーブで日本政府の取り組みについて審査した。来月にも最終見解が出されるが、これまで受けた勧告の中にも前進していないことが多々ある。国際社会に訴える意義はどこにあるのだろう。“大阪弁イングリッシュ”で国連に乗り込み続けて20年、大阪市のNGO「ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク」(WWN、*)の越堂静子代表(72)に尋ねた。【聞き手・反橋希美】

 ◆本日のまなび 国際基準が私にもエール

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2186文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです