メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

でっかく、いっぱい…3万体並ぶ 徳島

約3万体のひな人形が飾られたビッグひな祭り=徳島県勝浦町の人形文化交流館で2016年2月21日、久保玲撮影

 家庭で飾られなくなったひな人形を全国から募って展示する「第28回ビッグひな祭り」が21日、徳島県勝浦町の人形文化交流館で始まった。ピラミッド型の華やかなひな壇(高さ約8メートル)を中心に約3万体の人形が並ぶ。4月3日まで。

 主催する実行委員会は、8月のリオデジャネイロ五輪の期間中に現地で約5000体のひな人形を飾ろうと準備を進めている。国清一治事務局長(67)は「海外での展示は長年の悲願だった。世界に日本の文化を広める良いチャンスだ」と期待を込めている。

 入場料は中学生以上300円、小学生100円。開場は午前9時〜午後4時。問い合わせは人形文化交流館(0885・42・4334)。【数野智史】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ユーチューブ PPAP年間世界2位 日本人歌手で初
  2. 伊達直人 私の名は河村正剛、43歳…「普通の人」
  3. 隣の貧困 /1 憧れは「普通」の食卓
  4. 訃報 紺屋勝成さん 53歳=元USEN取締役、南場智子・DeNA会長でプロ野球・横浜DeNAベイスターズオーナーの夫
  5. 隣の貧困 /3 息子に人並みの生活を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]