メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元総評事務局長、富塚三夫さん死去86歳

富塚三夫さん=1975年12月撮影

 労働組合を束ねる総評(現在は連合)の事務局長を務めた元衆院議員の富塚三夫(とみづか・みつお)さんが20日、86歳で死去した。胃がんで療養中だった。

     富塚さんは国鉄労働組合(国労)出身で、書記長時代、当時の国鉄など公共企業体の職員に禁じられていたストライキ権を獲得するためのストライキ(通称「スト権スト」)を指導。1975年11月26日〜12月3日の8日間にわたって全国の国鉄をストップさせる闘争の中心的な役割を担った。だが、闘争でもスト権は得られなかった。その後、76年から7年間総評事務局長を務め、83年に社会党から衆院選(旧神奈川5区)に立候補し初当選。衆院議員を2期務めた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
    2. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
    3. 和歌山射殺 殺人容疑 建設会社社長の次男に逮捕状
    4. 麻生氏 「証券会社勤めはやばいやつ」
    5. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]