メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天理工場の液晶生産、8月末で停止

 経営再建中のシャープが、天理工場(奈良県天理市)での液晶生産を8月末にやめることが21日分かった。三重工場(三重県多気町)でも10月をめどに一部の生産ラインを止め、亀山工場(同県亀山市)などに移す。液晶の生産体制を再編・集約し、採算改善を目指す。

     シャープの液晶事業は、中国でのスマホ向け需要減少で、2016年3月期は300億円の営業赤字に陥る見通しだ。抜本的な立て直しのため、台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業などから提案された支援策を受けるか検討中だが、支援策がまとまった後、すみやかに再建を進めるため、生産ライン再編に着手する。

     天理工場は1991年稼働で、シャープの液晶事業が急拡大し、事業の柱に成長する時期に生産や開発を支えた。現在は、シャープブランドのスマートフォン(多機能携帯電話)向け液晶を生産しているが、設備が古く採算が取りにくいため、生産をやめて三重第3工場や亀山第2工場に移す。液晶の研究開発機能は残す。生産に携わっている従業員130人強は三重県や関西の拠点に配置転換する方向で、労働組合と調整している。

     スマホ向け液晶を生産する三重第3工場では、2本ある生産ラインのうち1本を停止し、一部の生産を亀山第2工場に移す。三重工場は稼働率向上のため、15年に第1工場を閉鎖し第2、第3工場に生産を移したが、スマホ向けの販売不振で第3工場の稼働率が大きく落ち込んでいた。【宇都宮裕一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クマ襲撃 3人目犠牲か 青森の不明男性死亡を確認 秋田
    2. 北海道・七飯の7歳児行方不明 130人態勢で捜索
    3. たばこ 警告画像に7割賛成 喫煙者も46%
    4. 本社世論調査 「舛添氏辞任を」77%
    5. スズキ 火消しに躍起 燃費データ不正、31日報告

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]