メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ市長

五輪招致「東京に学びたい」

 【パリ賀有勇】29日から訪日するパリのアンヌ・イダルゴ市長(56)が毎日新聞の書面インタビューに応じ、パリが立候補している2024年夏季五輪の招致実現のために「(20年の東京五輪招致に成功した)日本の経験を学び、助言を得たい」との考えを示した。

 日本滞在は3月2日までで、東京都のほか、広島市も訪れる。東京では20年の五輪に向けて準備が進む現場の視察を行い、舛添要一知事らと会談する。昨年10月には舛添氏がパリを訪問し、環境や観光、文化など5分野で協力を推進する合意書を締結していた。

 イダルゴ氏は招致活動について「招致に成功した都市の経験から学ぶことが不可欠だ」との認識を示した上で…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文702文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]