メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ市長

五輪招致「東京に学びたい」

 【パリ賀有勇】29日から訪日するパリのアンヌ・イダルゴ市長(56)が毎日新聞の書面インタビューに応じ、パリが立候補している2024年夏季五輪の招致実現のために「(20年の東京五輪招致に成功した)日本の経験を学び、助言を得たい」との考えを示した。

 日本滞在は3月2日までで、東京都のほか、広島市も訪れる。東京では20年の五輪に向けて準備が進む現場の視察を行い、舛添要一知事らと会談する。昨年10月には舛添氏がパリを訪問し、環境や観光、文化など5分野で協力を推進する合意書を締結していた。

 イダルゴ氏は招致活動について「招致に成功した都市の経験から学ぶことが不可欠だ」との認識を示した上で…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文702文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです