メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国大会の表彰式 優秀作品29点披露

 子が親への素直な気持ちを作文などで表現する「親守詩(おやもりうた)」の第3回全国大会(実行委員会主催、毎日新聞社共催)が21日、東京都中央区の浜離宮朝日ホールで開かれ、文部科学大臣賞に選ばれた青森県十和田市の小学校6年生、芋田海吏(いもた・かいり)さん、総務大臣賞を受賞した名古屋市の小学校4年生、高桑諒さんの作品など優秀作品29点が披露され、表彰状などが贈られた。

     「親守詩」は2004年に松山市で始まり、全国に広がっている。実行委には日本教育文化研究所、日本青年会議所などが参加。今回は作文・詩、定型詩、連歌の3部門に、前回より1万点以上多い7万6637点の応募があった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
    2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
    3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
    5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]