メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

起動試験を延期 原因特定できず

関西電力高浜原発の4号機(右)と3号機=福井県高浜町で2015年12月16日、本社ヘリから久保玲撮影

 関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)で放射性物質を含む1次系冷却水が漏れた問題で、関電は21日、この日始める予定だった再稼働に向けた「起動試験」を延期した。同日、原子力規制庁職員の立ち会いで水漏れの原因を調べたが、特定できなかった。関電は「原因が究明できるまで再稼働の予定については分からない」としており、日程に遅れが生じる可能性が高まっている。

 当初は、制御棒や弁などが正常に動くか確認する起動試験を21日から実施し、26日にも原子炉を試運転させて再稼働する見通しだった。通常は起動試験開始から原子炉の試運転まで5日程度かかる。

 水漏れは20日午後3時40分ごろ、原子炉補助建屋で出力調整用のホウ素の濃度を調節する設備から、水を1次系冷却水内に入れていた際に発生。水漏れは計約34リットルで、放射性物質が推定約6万ベクレル含まれていた。原子炉等規制法は、原発の放射線管理区域内で放射性物質を含む水が漏れた際、国へ報告する基準を370万ベクレル以上と定めている。

 高浜4号機は2011年7月に定期検査のため停止し、昨年2月に3号機(今年1月再稼働)とともに新規制基準に適合した。【村山豪、高橋一隆】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
  2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
  3. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
  4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
  5. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]