メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都成竜馬が新四段に 谷川九段唯一の弟子

 将棋のプロ棋士養成機関「関西奨励会」の都成竜馬(となり・りゅうま)三段(26)=宮崎市出身=が21日、関西将棋会館であったリーグ戦で連勝し、四段昇段とプロ入り(4月1日付)を決めた。都成新四段は、2000年9月に奨励会入会。十七世名人資格者で日本将棋連盟会長の谷川浩司九段の唯一の弟子。13年の第44期新人王戦では藤森哲也四段を破って優勝している。この日の連勝でリーグ戦の通算成績を14勝2敗とし、残り2局を残して昇段を決めた。

     都成新四段は「師匠に連絡をして初めて実感が湧いた。注目してもらえる舞台で自分らしい将棋を見てもらえたら」とコメントした。【新土居仁昌】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北方領土 ロシア人居住権を容認へ 政府方針
    2. 記者の目 日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)
    3. 風知草 浮かれてられないよ=山田孝男
    4. 志村けん 退院報告「皆さんに心配掛けました」仕事復帰は体調見て…
    5. プーチン大統領 北方領土「一つとして売らない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]