メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都成竜馬が新四段に 谷川九段唯一の弟子

 将棋のプロ棋士養成機関「関西奨励会」の都成竜馬(となり・りゅうま)三段(26)=宮崎市出身=が21日、関西将棋会館であったリーグ戦で連勝し、四段昇段とプロ入り(4月1日付)を決めた。都成新四段は、2000年9月に奨励会入会。十七世名人資格者で日本将棋連盟会長の谷川浩司九段の唯一の弟子。13年の第44期新人王戦では藤森哲也四段を破って優勝している。この日の連勝でリーグ戦の通算成績を14勝2敗とし、残り2局を残して昇段を決めた。

     都成新四段は「師匠に連絡をして初めて実感が湧いた。注目してもらえる舞台で自分らしい将棋を見てもらえたら」とコメントした。【新土居仁昌】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 置き去り死亡 2歳児、車内に8時間 父親降ろし忘れ出勤
    2. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
    3. 高校野球 無念の没収試合…熱中症?交代要員なく 和歌山
    4. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板
    5. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]