メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都成竜馬が新四段に 谷川九段唯一の弟子

 将棋のプロ棋士養成機関「関西奨励会」の都成竜馬(となり・りゅうま)三段(26)=宮崎市出身=が21日、関西将棋会館であったリーグ戦で連勝し、四段昇段とプロ入り(4月1日付)を決めた。都成新四段は、2000年9月に奨励会入会。十七世名人資格者で日本将棋連盟会長の谷川浩司九段の唯一の弟子。13年の第44期新人王戦では藤森哲也四段を破って優勝している。この日の連勝でリーグ戦の通算成績を14勝2敗とし、残り2局を残して昇段を決めた。

     都成新四段は「師匠に連絡をして初めて実感が湧いた。注目してもらえる舞台で自分らしい将棋を見てもらえたら」とコメントした。【新土居仁昌】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
    2. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書
    3. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    4. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
    5. ヘイトスピーチ 公園利用を全国初の不許可 対策法で規制容易に 強行の対応に限界も 川崎市 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]