メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知の55歳男性が滑落死

赤岳=2012年2月撮影

 21日午前11時20分ごろ、山梨県と長野県にまたがる赤岳(2899メートル)山頂近くの尾根から愛知県岡崎市針崎町春咲、会社員、鈴木秀樹さん(55)が滑落した。長野県警山岳救助隊がヘリで捜索し、尾根から約500メートル下の沢で鈴木さんを発見したが、頭を強打し死亡していた。

     山梨県警北杜署によると、鈴木さんは20日、登山仲間の女性と2人で入山し、山小屋に宿泊。21日午前11時ごろ赤岳に登頂し、下山中だった。現場には積雪があり、同署は足を滑らせたとみて調べている。【松本光樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 「助けて」繰り返す 意識回復した負傷者
    2. 相模原殺傷 消防の隊員「あまりに悲惨な状況に絶句」
    3. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
    4. 隠し撮り写真 中森明菜さん勝訴 東京地裁
    5. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]