メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

問診で早期発見へ 日産婦など対策指針

 日本産科婦人科学会(日産婦)と日本産婦人科医会は、来年改定する産婦人科診療ガイドラインに、「産後うつ」に関する具体的な対策を初めて盛り込む方針を固めた。産後うつになる危険性が高い女性を妊娠・出産後の早期に見つけ出すことなどが柱となる見通し。産後うつは出産した女性の10人に1人がなるとされ、子どもへの虐待や育児放棄、女性本人の自殺などにつながる恐れがある。医療現場の産後うつへの理解を広げ、効果的な対策の普及を目指す。【阿部周一】

 現行の診療ガイドラインは、産後うつについて「精神障害が起こりやすいので注意する」などと記載するにとどまる。そこで昨年4月、日産婦と同医会、日本周産期メンタルヘルス学会が合同会議を設立、産後うつに関する国内外の統計や、妊産婦の精神ケア先進国とされる英国の取り組みなどを分析し、報告書をまとめた。

 報告書は、妊娠の初診時と出産直後の産婦人科医らによるチェックが重要と指摘。産婦人科を初めて受診した妊婦への問診では、過去にうつ病や統合失調症になった経験や、パートナーからの暴力、自傷行為の有無などを質問することが、産後うつになりやすい女性を見つけ出すのに有効と位置付けた。出産後は、2週目と1カ月目のメンタルチェックの実施を勧める。具体的には、国際的に普及している英国の「エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)」など、二つの質問票の活用を提案した。

 そして、妊娠時、出産後のいずれであっても産後うつの危険性が高いと判断された場合は、精神科医を紹介し、専門家の受診を促すことを推奨している。

 日産婦などは、この報告書の提言を基に、来年改定する診療ガイドラインの検討を始めた。報告書を取りまとめた日産婦常務理事の竹田省(さとる)・順天堂大教授(産婦人科学)は「産後うつになりそうな妊産婦を早い段階で見つけ、専門的な支援につなげることで、自殺や虐待など深刻な例を減らせるだろう。産婦人科医と精神科医の双方が連携を強めることが必要だ」と話す。

エジンバラ産後うつ病、質問票(EPDS)の内容

「過去7日間にあなたが感じたことに最も近い答えは?」

(肯定〜否定の4段階の答えの中から一つ選び、その合計点数に応じて対象者の状態を判断する)

(1)笑うことができたし、物事の面白い面も分かった

(2)物事を楽しみにして待った

(3)物事がうまくいかない時、自分を不必要に責めた

(4)はっきりした理由もないのに不安になったり、心配したりした

(5)はっきりした理由もないのに恐怖に襲われた

(6)することがたくさんあって大変だった

(7)不幸せな気分なので、眠りにくかった

(8)悲しくなったり、惨めになったりした

(9)不幸せな気分だったので、泣いていた

(10)自分自身を傷つけるという考えが浮かんできた

 【ことば】産後うつ

 子どもを出産した後、ホルモンのバランスの急激な変化や育児への不安、社会的孤立など多様な要因から発症するうつ病の一種。出産後半年ごろまでに発症するとされる。厚生労働省研究班によると、国内の出産後の女性の発症率は▽2001年=13.4%▽05年=12.8%▽09年=10.3%と1割程度で推移。一般の人がうつ病になる率(3〜7%)より高い。また、同省が児童虐待後の死亡例を調べた結果、母親の産後うつが原因と考えられる例が4.4%あった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイドル刺傷 容疑者「ツイッターをブロックされた」
  2. JKビジネス 2割の中高生「お金に困ってなら仕方ない」
  3. 中国 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」再び人気
  4. 名古屋市 2副市長を解職 河村市長1人体制に懸念も
  5. ウィンドウズ10 「勝手に更新」苦情

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]