メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク和田、紅白戦で打者6人ピシャリ 

 ソフトバンクは21日、米球界から復帰した和田が、5年ぶりに日本のマウンドに立った。初めての実戦で紅白戦に先発。2イニングで打者6人をわずか17球でパーフェクトに抑え、自らの35回目の誕生日に花を添えた。

     米球界で習得したツーシームが効果的だった。一回は先頭の上林を直球で3球三振に切って取ると、続く明石、中村晃はいずれもツーシームで詰まらせて内野ゴロ。二回にも5番・カニザレスを同じ球で中飛とした。タイミングをわずかにずらし、「良いバッターのああいう姿は自信になる」と上々の手応えだった。【宮崎・角田直哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アヲハタ コーン缶なくなります 66年にわたり継続
    2. 寝ても覚めても ドライなハム=冨重圭以子
    3. プロ野球 陽岱鋼、巨人入り濃厚
    4. カジノ法案衆院通過 賛否両論、国民戸惑い
    5. TBS社長 「チューボーですよ!」終了で堺正章に感謝 「一つの時代が終わった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]