メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク和田、紅白戦で打者6人ピシャリ 

 ソフトバンクは21日、米球界から復帰した和田が、5年ぶりに日本のマウンドに立った。初めての実戦で紅白戦に先発。2イニングで打者6人をわずか17球でパーフェクトに抑え、自らの35回目の誕生日に花を添えた。

     米球界で習得したツーシームが効果的だった。一回は先頭の上林を直球で3球三振に切って取ると、続く明石、中村晃はいずれもツーシームで詰まらせて内野ゴロ。二回にも5番・カニザレスを同じ球で中飛とした。タイミングをわずかにずらし、「良いバッターのああいう姿は自信になる」と上々の手応えだった。【宮崎・角田直哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米軍属女性遺棄 悲しみに共感 教会に通う米軍人や軍属らがプラカード掲げる
    2. 熊本地震 不服申し立て6000件超す 罹災証明書巡り
    3. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
    4. 米海兵隊研修資料 着任兵士用、沖縄に偏見
    5. 交通事故 軽乗用車とバイク衝突 4人死亡 群馬・太田

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]