メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マエケン ぶかぶかズボンも…広島同僚から習ったスペイン語大活躍

 つかみはOK!広島からドジャースに移籍した前田健太投手(27)が20日(日本時間21日)、キャンプインし、メジャーリーガーとしてスタートを切った。初日はブルペンには入らず、ランニングや守備練習など約2時間で終了。「日本の練習はしんどいのでちょうどいい。楽しくできた」と声を弾ませた。

     コミュニケーションに役立ったのはスペイン語だ。「カープの時にドミニカの選手からスパニッシュをいっぱい聞いていた。やっと使う時が来ました」。ランニング中に「rapido(ラピド=速い」「cansado(カンサド=疲れた)」「agua(アグア=水)」とつぶやくと、若手有望株でメキシコ出身の19歳左腕ウリアスとプエルトリコ出身の23歳右腕デリオンは大喜び。メジャーはスペイン語圏の選手が多いだけに、チームに溶け込む上で重要なツールとなりそうだ。

     唯一の失敗はユニホームのズボン。「(体が)細いので、大きく見せるよう」と、あえて大きめのものを選んだが、ブカブカで「サイズが合っていない」。練習後はクラブハウスのスタッフに注文し直し、笑顔で球団施設を後にした。 (グレンデール・奥田秀樹通信員)(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自動ブレーキ ベビーカーに装着 中学生の発明が特許
    2. 都知事選 自民、小池氏中心に調整…桜井氏の説得困難
    3. 米国 自動運転で初の死亡事故…テスラ、当局が機能調査
    4. くらしナビ・ライフスタイル 年々前倒し ランドセル商戦
    5. AKB48 こじはるプンプン!インタビュー呼ばれず 「なんで!?」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]