メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年を語る

着物再生で街も再生 WATALIS代表・引地恵さん /宮城

WATALIS代表・引地恵さん

亘理の伝統を未来へ 引地恵さん(47)

 東日本大震災の津波で被害を受けた亘理町で「手仕事を通じてコミュニティーを再生したい」と、2012年4月から着物リメーク雑貨を製造販売する「WATALIS(ワタリス)」。代表を務める引地恵さん(47)にこれまでの歩みや今後の目標を聞いた。【聞き手・本橋敦子】

 −−事業を始めたきっかけは。

 ◆震災後、郷土資料館の学芸員として民俗調査をしていたとき、農家で一つの巾着袋と出会った。住人によれ…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1232文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです