メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

確かな食べもの

辰巳芳子さんと生産者 いりこだし 手間ひまかけ、うまみ凝縮 香川県観音寺市・山下加奈代さん(34)

いりこが入っただしは濃いうまみが楽しめる=宮川製麺所で

 大きな釜から、うどんをゆでる湯気が立ち上る。香川県善通寺市にある讃岐手打ちうどん店「宮川製麺所」は平日でも1日1000食以上出る人気店だ。こだわりは、いりこがたっぷり入っただし。おかみさんは「一口目は何も入れず、だしのおいしさを味わってほしい」と話す。いりこのうまみとこくが口のなかに広がり、余韻が残る。なんとも複雑なうまみだ。

 このうどん店にいりこを卸しているのが、創業125年の「やまくに」(同県観音寺市柞田(くにた)町)だ…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1101文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです