メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「環境の日?」「特定秘密は?」答弁ゆらゆら

衆院予算委で民主・後藤祐一氏の質問を聞く丸川珠代環境相=国会内で2016年2月22日午前11時5分、藤井太郎撮影

 衆院予算委員会の審議で、閣僚の答弁が安定しない。政権幹部は、発言に注意するよう繰り返し強調して引き締めをはかっているが、なかなか効果が表れていないようだ。

     丸川珠代環境相は22日、民主党の後藤祐一氏に6月5日の「環境の日」の日付を問われ、「6月1日」と答弁。間違いを指摘され、「申し訳ない。5日だった」と修正した。環境の日は1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念し環境基本法で定めたもの。後藤氏は「環境行政をつかさどる大臣が知らないのは大変がっかりだ」と批判した。

     また、岩城光英法相は、特定秘密の扱いを巡り、「安全保障上、著しい支障を及ぼすもの」でも会計検査院に「提供する」と答弁した。

     しかし、後藤氏が行政機関は安全保障上の理由で提供を拒否できるとした特定秘密保護法の解釈に反していると指摘すると「法文上(会計検査院に)適用されるが、実務的には適用されることはない」などと釈明した。後藤氏が最初の発言の撤回を求めたが、岩城氏は応じず、予算委が一時、紛糾した。【野原大輔】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
    2. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
    3. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
    4. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
    5. 選抜高校野球 「無謀なエース心中」一石を投じる機会に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]