メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党幹事長

間もなく震災5年「国会もっと復興論議を」

 公明党の井上義久幹事長は22日、国会内で開かれた政府・与党協議会で、東日本大震災の発生から3月11日で5年を迎えることに関連し「予算委員会などを見ても復興問題の議論が減っている。本格的に取り上げないと風化が進む」と指摘した。さらに、国会審議が、高木毅復興相や丸川珠代環境相の問題に集中していることについて「東北の人々は嫌な思いをされている。(対応を)考えていただきたい」と注文した。自民党の佐藤勉国対委員長は「意をくんで対応したい」と応じた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
    3. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く
    4. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]