メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院の交流再開 来年度は日本で

 【北京・工藤哲】参院の超党派代表団と中国の全国人民代表大会(全人代)の代表者が議論する日中議員会議が22日、北京で開かれ、次回会合を来年度に日本で開くことで一致した。今回は6回目で2012年以来約4年ぶりの開催となり、参院の日中議員交流が再開された。

     訪中したのは溝手顕正議員(自民)や江田五月議員(民主)ら10人で、全人代の張徳江常務委員長とも会談した。代表団によると、張委員長は「第13次5カ年計画は日本にも利益をもたらす」などと強調。国民感情の改善や製造業などの経済協力を日本側に改めて求めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 安倍首相 「消費増税2年半延期」政権幹部に提案
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]