メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

68年ぶり人口減少 883万8908人

 大阪府は22日、2015年に実施した国勢調査の速報値で、府内の人口が68年ぶりに減少したと発表した。総数は883万8908人で、10年の前回調査より2万6337人(0.30%)減った。神奈川県や埼玉県で増加する一方、京都府や兵庫県でも減少しており、関西大都市圏の人口は減少基調が明確になってきた。

     府統計課によると、東京都、神奈川県に次ぐ人口3位は前回に続き維持する見通し。地域別では門真市(7474人減)や東大阪市(6928人減)、岸和田市(4372人減)などの河内や泉州地域を中心に減少した。大阪市(2万6428人増)のほか、吹田市(1万8728人増)や茨木市(5348人増)など北摂地域では増加した。

     世帯数は392万1923世帯で、前回調査より8万9537世帯増加したが、1世帯当たりの人員は2.25人で前回比0.06人減った。府は少子高齢化などの影響とみている。【松井聡】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 青森・中2自殺 いじめ訴える遺書の全文
    2. 大阪女児焼死 なぜ冤罪見抜けなかったのか 再審無罪判決
    3. 大阪女児焼死 再審 母親に無罪判決 地検は上訴権放棄へ
    4. 社説 チケット高額転売 歯止めの議論が必要だ
    5. 小池都知事 「東京五輪組織委も調査対象に」森会長らに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]