メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学歴史と公民「育鵬社」閲覧は教育長も

 中学校の歴史と公民の教科書を作成する「育鵬社」(東京都)が、どの教科書を使うか決める「採択権限」を持つ教育長6人に、検定中の教科書を閲覧させていたことが同社への取材で分かった。一連の教科書問題で教育長の閲覧が明らかになるのは初めて。文部科学省は採択の公正性に疑念を持たれる行為だとして調査している。

 育鵬社によると、先月、「2014年度に35人の教員らに検定中の教科書を見せた」と文科省に報告したが、このうち6人が教育長だったことが新たに判明した。6人は当時、福井▽大阪▽広島▽山口▽愛媛の1府4県にある6市の教育長。いずれも謝礼は支払っておらず、同社の教科書を採択した市はないという。

 同社は「教育長は教育行政のプロ中のプロで、よりよい意見を聞くことができると思った。採択が目的ではなかったが、不適切な行為で深く反省している」としている。【佐々木洋】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載
  2. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
  3. 東京都 五輪予算232億円付け替え 担当外の局に
  4. 東海道新幹線 車内に30センチのヘビ 臨時停車し捕獲
  5. 万里の長城 コンクリ?で補修、国内で批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]