メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「ナオトひとりっきり」 原発に翻弄された男性描く 来月5日から上映、ガーデンズシネマ /鹿児島

監督した映画などについて語る中村さん

 東京電力福島第1原発事故で全町避難となった福島県富岡町で暮らす1人の男性を描いたドキュメンタリー映画「ナオトひとりっきり」が3月5〜11日、鹿児島市呉服町の「ガーデンズシネマ」で上映される。原発に翻弄(ほんろう)された男性の人生と、事故後も町から離れず生きることを選んだその姿を通じて、事故がもたらしたものを改めて問う作品といえそうだ。

 映画の主人公、松村直登さんは1959年、富岡町で生まれた。高校卒業後に建設業に就き、福島第1、第2…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです