メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの春

2・27 サッカーJ1開幕/4 川崎・大久保 記録と頂点、挑むエース

4年連続得点王に挑む大久保(中央)

 就任5年目を迎えた風間監督が掲げる、素早くショートパスをつないで相手を崩すスタイルはすっかり定着した。だが、クラブはいまだタイトルとは無縁で風間監督の下でも2013年の3位が最高。今季こそ優勝という成果を上げ、浸透した戦術の正しさを証明したい。

 リーグ屈指の攻撃力の中核を担うのが大久保だ。昨季は史上初の3年連続得点王に輝き、中山雅史(アスルクラロ沼津=JFL)と佐藤寿人(広島)が157点で並ぶJ1通算最多得点にあと1ゴールに迫った。課題の守備を重点補強したが、再び未知の領域に挑む33歳が今季も好結果を出さなければタイトルは遠のく。

 「何とも思っていない。プレッシャーはゼロ」。今月中旬、沖縄キャンプを終えて川崎の練習場に戻った大久…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文783文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです