メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮制裁で進展「安保理決議を早期採択」

 【ワシントン和田浩明、ニューヨーク草野和彦】ケリー米国務長官と中国の王毅外相は23日、ワシントンの国務省で会談した。両外相は会談後の共同記者会見で、北朝鮮の核実験と弾道ミサイル実験に対する国連安保理制裁決議に関して「重要な進展」があり、早期採択で一致したことを明らかにした。強硬な制裁を求める米国と消極的だった中国が歩み寄ったと見られる。

     安保理外交筋によると、制裁決議案は、今月中にも採択される可能性がある。

     ケリー氏は「採択されれば、これまでのいかなる決議よりも強力になる」と強調。王氏は「近日中に決議案に合意し、採択する可能性が見えてきている」と表明するとともに、決議が採択されれば「核・ミサイル開発の前進を効果的に制限できる」と述べた。

     両外相は、北朝鮮の非核化を目指す6カ国協議の再開の重要性でも一致。ケリー氏は「北朝鮮の行動に反応するだけでなく、協議のテーブルに戻すことが重要だ」と指摘した。王氏は、北朝鮮核問題の根本的解決には協議再開が必要だと強調。非核化と同時に、朝鮮戦争の休戦協定に代わる平和協定を結ぶための米朝間の交渉を行うよう提案していると述べた。

     王氏はさらに、今後2カ月は朝鮮半島情勢を注視する必要があるという認識を米中が共有していると指摘。「半島情勢が制御不能になることは回避しなければならないし、そのためには緊張を高める行動は回避してほしい」と述べた。韓国では3〜4月に大規模な米韓合同軍事演習が予定されている。

     米国が提案した安保理決議の草案には、北朝鮮への石油輸出や北朝鮮産鉱物の輸入制限などが含まれている。だが中国は北朝鮮が不安定化する可能性を指摘し、難色を示していた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない
    2. ワンセグ敗訴 受信料制度に一石 NHK、徴収にも影響
    3. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(6)止「女好きは素」
    4. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(5)長男「死のうと」
    5. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(4)すぐに人を好きに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]