メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一般入試始まる マークシート方式全面実施

参考書などをめくりながら、試験開始時間を待つ受験生たち=東京都千代田区永田町2の日比谷高校で2016年2月24日午前8時46分、稲田佳代撮影

 東京都立高校の一般入試が24日、都内各校であり、全日制は173校で約4万8000人が試験に臨んだ。2014年に採点ミスが相次いで発覚したことを受け、都教育委員会は15年2月、公立高として全国で初めてマークシート方式を試行し、今年は全面実施した。合格発表は3月2日に行われる。

     マークシート方式の対象は、記号選択式の問題。15年は数学を除く4教科だったが、今年は5教科全てで取り入れた。15年に20校で試験的に実施したところ、専用の読み取り機による採点ミスはなく、採点時間も大幅に短縮されたため、島しょ部の高校などを除く168校で導入した。

     都教委は全面実施に向け、昨年秋から中学3年生にマーク欄の塗り方などをまとめたリーフレットや問題集、サンプルの解答用紙を配布するなどして準備を進めてきた。

     日比谷高校(千代田区)の門の前では、受験生が塾の講師らに励まされながら試験会場に向かう姿も。午前7時から待っていたという塾講師の男性(25)は「模試もマークシート形式なので生徒たちは慣れていて、特別な対策はさせていない。落ち着いてやるよう声をかけた」と話した。初めてマークシート方式での採点に臨む同校の武内彰校長は「校内研修などで準備してきたので、その通りにやりたい」と語った。【稲田佳代】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 乳幼児栄養調査 ゆとりない家庭、魚や野菜少なめ
    2. イタリア 中部でM6.2地震…6人死亡
    3. 高畑裕太容疑者逮捕 高畑淳子、NHK「スタパ」出演取りやめ 代役は榊原郁恵
    4. 器物損壊容疑 女性服に火、自衛官逮捕…背後からバーナー
    5. 豪華寝台列車 淡いゴールドで夢の旅…「四季島」お披露目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]