メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地方移転で省庁の提案要求…首相に提言へ

 自民党地方創生実行統合本部(本部長・鳩山邦夫元総務相)は23日、中央省庁の地方移転について、省庁側に具体的な提案を求める方針を決めた。近く安倍晋三首相に提言する。

     政府は文化庁と消費者庁について、一部機能を京都府と徳島県にそれぞれ移転させる計画を3月にまとめる方向だ。しかし、地方自治体の誘致要望に対して省庁側は難色を示し続けている。自民党の提言は、移転促進に省庁の決断を促す狙いがある。

     鳩山氏は終了後、「中央省庁が自分たちで決めて実行する。決められなければ、われわれが決める」と記者団に語った。【前田洋平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 開学工事の工期「萩生田氏文書」通り
    2. クローズアップ2017 「加計」苦しさ増す政権 首相側近発言の新文書
    3. ひと TETSUYAさん=大学院に入学したEXILEのメンバー
    4. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
    5. 都議選 共謀罪・加計で自民大逆風 有権者「ふざけるな」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]