メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

露の動向注視 クルド勢力拡大懸念

シリア内戦で米露の停戦合意表明

 【エルサレム大治朋子】米国とロシアが22日にシリア内戦の停戦条件で合意したことを受け、隣国トルコがロシアの動向を注視している。ロシアが「過激派攻撃」を理由に、シリア北部での空爆を継続すれば、付近を支配するトルコと敵対的な少数民族クルド人系組織の勢力拡大を招きかねないからだ。

 「楽観できない」。トルコのダウトオール首相は23日、中東の衛星テレビ局アルジャジーラの取材にそう答…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文877文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]