メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

露の動向注視 クルド勢力拡大懸念

シリア内戦で米露の停戦合意表明

 【エルサレム大治朋子】米国とロシアが22日にシリア内戦の停戦条件で合意したことを受け、隣国トルコがロシアの動向を注視している。ロシアが「過激派攻撃」を理由に、シリア北部での空爆を継続すれば、付近を支配するトルコと敵対的な少数民族クルド人系組織の勢力拡大を招きかねないからだ。

 「楽観できない」。トルコのダウトオール首相は23日、中東の衛星テレビ局アルジャジーラの取材にそう答…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文877文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]