メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

24%「過労死ライン」超…厚労省調査

 厚生労働省は23日、長時間労働が疑われる企業5031事業所に対し重点監督を実施した結果、74%にあたる3718事業所に労働基準法違反があったと発表した。

「問題」事業所5031カ所調査

 46%の2311事業所で労使協定を超えるなど違法な時間外労働があり、24%の1195事業所は厚労省が過労死のリスクが高まると位置づける「過労死ライン」(月80時間の残業)を超え、過酷な長時間労働が浮き彫りになった。

 重点監督は昨年11月、過去に労災申請があった事業所など長時間労働が疑われる企業に実施した。

 過労死ラインを超えた事業所の時間別内訳は、月80時間超〜100時間以下=396事業所▽同100超〜150時間以下=646事業所▽同150超〜200時間以下=115事業所▽200時間超=38事業所−−だった。他に時間外労働賃金不払いが509事業所あった。【東海林智】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV強要 「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る
  2. アイドル刺傷 母、京都府警に電話…「執拗に嫌がらせ」
  3. 東京・小金井のアイドル刺傷 「ツイッター拒否された」 事件当日に上京
  4. 安倍首相 消費増税、再延期へ 「リーマン前に似ている」
  5. 伊勢志摩サミット 停滞する世界経済をG7がけん引を確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]