メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウゾ川さらし

手すき和紙の白、冷水でお色直し…兵庫

ピークを迎えたコウゾの皮の川さらし=兵庫県多可町で、宮武祐希撮影

 兵庫県多可町の杉原川で、特産の手すき和紙「杉原紙(すぎはらがみ)」の原料となるコウゾの川さらしが最盛期を迎えている。

     杉原紙は奈良時代から伝わるとされ、自然な色合いの白色が特徴。地元の紙づくり文化を継承する「杉原紙研究所」の研究員が川につかり、原料となるコウゾの木の皮を水流に浸し、川面にたたきつけて汚れを落とす作業を続ける。その後、天日で乾燥させることで白くなるという。

     水温が高いと繊維が傷むため作業は3月末までに終え、約400キロを準備するという。【宮武祐希】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS “マイルド化する絵本”への警鐘 過激表現から“逃げない”編集者の想いとは?
    2. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    3. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    4. 事故 水路などへの転落相次ぎ死亡5件 福山市が注意喚起
    5. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]