メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手すき和紙の白、冷水でお色直し…兵庫

ピークを迎えたコウゾの皮の川さらし=兵庫県多可町で、宮武祐希撮影

 兵庫県多可町の杉原川で、特産の手すき和紙「杉原紙(すぎはらがみ)」の原料となるコウゾの川さらしが最盛期を迎えている。

     杉原紙は奈良時代から伝わるとされ、自然な色合いの白色が特徴。地元の紙づくり文化を継承する「杉原紙研究所」の研究員が川につかり、原料となるコウゾの木の皮を水流に浸し、川面にたたきつけて汚れを落とす作業を続ける。その後、天日で乾燥させることで白くなるという。

     水温が高いと繊維が傷むため作業は3月末までに終え、約400キロを準備するという。【宮武祐希】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山陰線 「空の駅」にエレベーター 来年9月完成へ 兵庫
    2. 博多駅 「Kis−My−Ft2」ラッピング列車の出発式
    3. 独メルケル首相 「やり直したい」難民政策の誤り認める
    4. 社説 ハンガリー 自国エゴの連鎖が怖い
    5. くまモン 巨大地上絵が登場…熊本地震支援に感謝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]