メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム、6人目のインフルエンザ

 沖縄県内でキャンプ中の日本ハムは23日、飯山裕志、市川友也、米野智人の3選手がインフルエンザA型と診断されたと発表した。

     19日には太田賢吾、20日には近藤健介、22日には岸里亮佑が同じ診断を受けた。名護市の1軍、国頭村の2軍でいずれも発症者が出ている。23日に全体練習に復帰した近藤は体重が3キロ減ったといい、「アピールしなければいけないので出遅れは感じるが、焦らずやっていくのが大事」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 進撃の巨人 TGCでコラボステージ ダレノガレ、古川雄輝が兵団ジャケットで「心臓を捧げよ!」
    2. 森友問題 「首相が火に油」維新・松井氏が言及
    3. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
    4. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬
    5. 性的虐待 認知、相談しにくさ訴え 幼少期に被害の柳谷さん講演 支援体制の充実求める 伊勢崎 /群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]