メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム、6人目のインフルエンザ

 沖縄県内でキャンプ中の日本ハムは23日、飯山裕志、市川友也、米野智人の3選手がインフルエンザA型と診断されたと発表した。

     19日には太田賢吾、20日には近藤健介、22日には岸里亮佑が同じ診断を受けた。名護市の1軍、国頭村の2軍でいずれも発症者が出ている。23日に全体練習に復帰した近藤は体重が3キロ減ったといい、「アピールしなければいけないので出遅れは感じるが、焦らずやっていくのが大事」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 疫学調査 魚たくさん食べる人、うつ病リスク半減
    2. 防府市長 慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」
    3. ORICON NEWS 『けもフレ』運営側、監督の降板騒動受け経緯説明 作品利用めぐり意見の相違か
    4. 茨城・取手の中3自殺 いじめ 学校側、自殺伏せる 死亡当日、遺族に一方的通告
    5. 麻生太郎氏 ヒトラー発言撤回 釈明と反論も展開

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]