メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム、6人目のインフルエンザ

 沖縄県内でキャンプ中の日本ハムは23日、飯山裕志、市川友也、米野智人の3選手がインフルエンザA型と診断されたと発表した。

     19日には太田賢吾、20日には近藤健介、22日には岸里亮佑が同じ診断を受けた。名護市の1軍、国頭村の2軍でいずれも発症者が出ている。23日に全体練習に復帰した近藤は体重が3キロ減ったといい、「アピールしなければいけないので出遅れは感じるが、焦らずやっていくのが大事」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
    2. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
    3. 和歌山射殺 殺人容疑 建設会社社長の次男に逮捕状
    4. 麻生氏 「証券会社勤めはやばいやつ」
    5. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]